病院の紹介状について

紹介状とは

病院間の紹介状は正確には「診療情報提供書」といいます。

保険点数が決まっており、点数は250点になるので、3割の方だと750円の窓口負担になります。

なぜ紹介状が必要なのか

200床以上の病院に何も無い状態で受診をすると、保険外併用療養費というそれぞれの病院が定めた金額を取られてしまいます。

保険外併用療養費は病院によって金額は違いますが、およそ5.000円ぐらいに設定している病院が多いです。

また、紹介状があれば今までの治療の経緯がわかるので、初診時でも最低限の検査で済む事も多いです。

逆に無い場合は一から検査になるので、その分コストがかかってしまいます。

紹介状のコスト750円をケチると結果的に10倍以上のお金を請求されることになりますので、大きい病院に移る時だけでなく、病院を移る場合は必ず紹介状をもらうようにしてください。

紹介状の宛先について

紹介状は基本的に宛先が書かれている病院に受診する事が原則です。

違う宛先の病院に行っても大丈夫には大丈夫ですが…

病院によっては紹介元に連絡をしてくれて、「貴院から〇〇への紹介状を〇〇さんが持ってきたのだけど、うちでみてもいいですか?」と確認を取ってくれるところもありますが、紹介状無しでの対応になる場合もあるので注意をしてください。

紹介状の中身について

紹介状の中身を見たいという患者さんがたまにおります。

たまに開封済みの紹介状を持参される方もいます。

基本的に見ても問題は無いのですが、お預かりした紹介状をそのまま患者さんにお見せすることは基本的にありません。

紹介状は病院間の信頼関係で成り立っているものなので、紹介先の病院が何て書いたのか気になるのは分かりますが、開封することはあまりお勧めしません。

また、この患者さんは紹介状を開けてみる人=注意が必要という色眼鏡で見られて診療される可能性がありますので避けた方がよさそうです。

今までの診療に不満があって病院を移る場合でも、なんて書かれているか気になるとは思いますが、移った先の先生に今までの不安等を伝えて受診していただければ、真摯に対応してくれます。

タイトルとURLをコピーしました