入院中の他院への受診について

入院中なので他の病院にかかれないじゃないかと思う方もいると思いますが、結構多いです。

具体的には、本人が入院しているけど、以前から他の病院でもらっていた薬が無くなりそうなので、家族の方が代わりに受診されるケースです。

こういう場合は原則として自費診療になってしまいます。

入院中に他の病院を受診した場合、入院先の病院の診療費が減額されるという制度がある為です。

その為、入院中の方の保険を使用しないようにする為、他の病院での受診は自費診療となってしまうのです。

入院中に薬が無くなった場合

では、入院中に薬が無くなってしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?

対応として2つのパターンに分けられます。

1.入院をしている病院に該当の薬を出せる科がある場合。

その病院で出してもらうよう入院先の病院に伝えてもらいます。

2.入院をしている病院に該当の薬を出せる科がない場合。

入院している病院に該当の薬を処方できる科が無い場合、事前に入院先の病院に他院を受診することと伝えると、他院受診のための書類を書いてもらえます。

その書類を持参して受診をしてくれれば保険診療が受けることができます。

その為、「事前に入院先の病院に当院を受診する事を伝え、受診のための書類をもらうようにしてください。」とお伝えしています。

どちらにしても、まずは入院先の病院の職員に相談をしてみてください。

家族の方が何も相談されずに受診をされた為、入院先の病院に相談してから来てくださいと何度も説明を行ったのですが、とても申し訳ない気持ちでいっぱいです…

介護保険を使用中の場合

理由は異なりますが、介護保険を使って介護施設に入所している場合も同様に自費診療になります。

1人につき1度に使えるは1保険の原則があるため、入所中は常に介護保険を使用しているとして他の保険は使用できません。

その為、入所中は常に自費となってしまう為、診療費もお薬代も自費となり高額となります。

正直この制度は何とかならないのかなと申し訳なく感じます。

間違いやすいこととして介護保険を使用していないで入所している、私設の介護施設であれば特に問題はありません。

ショートステイも同様です。

ショートステイの場合は入所期間が短い為、ショートステイをされる前後に受診してもらうようお伝えしています。

タイトルとURLをコピーしました