病院はなぜクレジットが使えない?

病院でクレジットカードを使えない理由は簡単です。

対応しないだけなのです

診療費は保険の割合分をどのように患者さんからいただいても構わない為、現金でもクレジットでも問題はありません。

ではなぜ対応しないのでしょうか?

病院経営はどこもうまく行っているわけではない為、クレジット導入に対しては「利益が少ないのにクレジット対応にすると、さらに手数料までとられてしまうから対応できない」というのが本音かと思います。

病院によっては対応している病院もありますが、それは大きい病院中心です。

何故なら手術やっているような大きい病院では、手術費用がかさみます。

手術の度に大金を持って来てもらうのは大変だからという理由で対応しているという所が多いです。

また歯医者も最近ではインプラントなど高額な自費の治療が増えている為、クレジット対応という所も増えています。

ただ、私の近所の歯医者では1万円以上の治療の場合はクレジット可能ですという限定がついていました。

私が勤めている病院ではクレジット対応をしていない為、よく患者さんからどこどこの病院では使えたのに!と怒られた事があります。

この前も医者をされている患者さんが手術をすることになった為、手術までの説明をしていたのですが、支払いがクレジット対応でない事に驚かれました。

この規模の病院であれば対応してても良さそうなのに…と。

正直わかります…と思ってしまいますが、申し訳ございませんとしかお答えできませんでした。

私が勤めている病院も含め、全ての病院が儲かっているわけでは無いので、更に手数料も取られたら…という経営者の気持ちも分からなくは無いですが、キャッシュレスが進んでいるこの時代なので対応して欲しいところです。

保険診療には税金が取られているわけではないので、消費税が上がったとしても、クレジット対応への後押しになる事は無いので残念な所です。

診療費に手数料を上乗せしてもいいか?

病院の診療費でクレジット支払いの場合は手数料を別に取られたという話をSNSで見ました。

保険診療の場合には絶対に診療費の他に手数料を取ることはありません。

取ってしまった場合は混合診療になってしまう可能性がある為です。

ですが、自由診療の場合は手数料分を追加で取られたり、元々の金額設定に加えられている事があります。

別途手数料を取られたという話には自由診療か保険診療か書かれていなかったので、恐らく自由診療だったのだと思います。

保険診療と自由診療を混同してしまうと、解釈が変わってしまうので注意をしてください。

まとめ

大きい病院ほどクレジット対応し始めていると上記に書きましたが、クレジット対応は個々の病院の方針によって異なります。

そのため、今の手持ちが少ないようであれば受付時にクレジット対応かどうか確認をしてください。

また、薬局もクレジットに対応していない事が多いので、そちらも注意してください。

私も以前、病院の診療費は払えたけど、薬局分を残していなくて、クレジットを使えない薬局だった為途方にくれた事があります…

タイトルとURLをコピーしました