診断書の価格について

病院でもらえる診断書は各種保険の適応外のため自費となり、各病院が独自の金額設定をしています。

入院や手術をした際に必要になる一番一般的な生命保険会社からの診断書はおおよそ8,000円から2,000円という設定をしているところが多いようです。

大きい病院ほど高い傾向にあり、高いところでは1万円というところもあります!

これほど金額に差があるのはそれぞれの病院の事情があります。

診断書は医師が書く必要があるため、診療時間に余裕がなければ診療時間外に書くことになります。

また、診断書の内容によっては患者さんが保険会社に診断書を提出した後にさらに保険会社から問い合わせがくる場合もあります。

保険に加入後1年以内に手術や入院をした場合は加入前から持病があったのではとのことで保険会社から後から問い合わせをもらう場合があります。

また、診断書をはじめとした病院が発行する書類は法的にも有効なものになるため、その責任を負う意味で高く設定しているところもあります。

決して診断書で利益を取ろうと考えているのでは無いのを分かってもらえると助かります。

診断書やその他の書類のおおよその価格

各書類の金額の目安は以下になります。

生命保険会社の診断書:1万~2,000円

病院様式の診断書:5,000~1,000円

障害認定診断書:8,000円~2,000円

労災書類:2,000円~無料

大きい病院ほど金額が高くなる傾向にあり、受け取りまでの期間も長くなる傾向にあります。

私が働いている病院ではちょうど中間の金額設定をしており、なるべく1週間以内にお渡しできるように体制を整えています。

保険適応の書類について

自費となる診断書等の書類と混同しがちな書類として以下の書類があります。

1.他の病院への紹介状

2.傷病手当請求書

上記2点は保険適応のため、保険点数によって費用が決まります。要は紹介状と傷病手当申請書はどこの病院でも保険割合によって金額が決まります。

紹介状:約750円(3割の場合)

傷病手当請求書:約300円(3割の場合)

この金額に再診料等の諸経費がかかります。

まとめ

それぞれの書類は個人的にも高いと思うことがありますが、記入の手間だけでなく、その後の責任も担う必要があることを知っていただけると助かります。

タイトルとURLをコピーしました