僕と漢方

アトピー

タイトル的に使っている漢方の紹介っぽいけど、今回はその逆です。

僕は現時点では漢方やそれに関連するものはほとんど使っていません。

漢方自体が悪だとは思っていませんが、科学的に根拠が無いものはあまり信用ができないということだけでなく、漢方に対してあまり良い思い出がない為です。

漢方の思い出

両親は僕がアトピーだという事で、いろいろな治療を試してくれました。

子供の頃にはステロイドがあまり使えないという事もあるのですが、母はステロイド自体あまり好きではなく、高校になってもほとんどステロイドは使わせてもらえませんでした。

そもそも子供の時にはステロイドという存在も知らないので、何とも思わなかったけど、今思うとある程度体が成長してからは使っても良かったんじゃないかなと思うことがあります。

僕のことを思ってのことですが、小学校とかの時にはよく病院に連れていかれました。

大きい病院やクリニックではなく、民間療法を行っているところばかりです。だから病院といえるかも疑問です。

この漢方が使えると聞いたらその漢方をだしている病院に行って、色々な高い薬を取り寄せたり、実践をさせられました。

そのため、僕のためにかなりお金を使ったと思います。

色々試したけど、結局は変わらなかったものがほとんどです。

アトピーを取り巻く環境

人の弱みに付け込んで商売をしている人は多くいます。

アトピー患者もその餌食となっていることが多い気がします。

特にアトピーの子供を持つ親は、子を助けてやりたいという思いからかなり悩んでいると思います。

その悩みに付け込んで、科学的根拠のない物を売りつけようとしている人がいます。

売っている当の本人はそれが効くと思っているパターンが多い気がしますが・・・

治らないから医師を信用できないというのもわかりますが、もしアトピーで悩んでいるならちゃんとした病院に通院した方がいいです。

ただ、偏った考えを持っている医師もいるのも事実。

ちゃんと正しい知識を持って、自らの意志で治療を行うことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました