オンライン診療始めました。

私が勤めているクリニックでもオンライン診療が始まりました。

と言っても私が数あるオンライン診療診療のアプリを開発しているメーカーを選定し、自院でのマニュアルを作成し、HPに告知を出してと全部対応しました。

これまでもまじで大変だったけど、これからがさらに大変になる感じなので、戦々恐々しています。

毎日お腹痛い連続。

運用側としてはオンライン診療は手軽そうに見えて全然手軽じゃありません。

ただ、新型コロナウイルスの影響で外出できない方(高齢だったり肺炎の持病がある方は特に)切らしてはいけない薬がある場合は必要なシステムだと思います。

ただお薬を処方するシステムでは電話での対応があります。

患者さんからの電話を先生が受けて、お薬の処方をするというもの。

お薬を必要としている患者さんに取ってはどちらを利用しても問題ありませんが、患者さんの声だけしか聞こえないので診察としては不十分な場合もあります。

オンライン診療の特徴について

事前に携帯にアプリをダウンロードしていただくか、サイトに事前登録をしてもらい、希望のクリニックの予約サイトに入る。

希望の予約が空いていたら予約を入れて、その日まで待つ。

時間になったらアプリやサイトを開いてログイン状態で待機。

クリニック側から接続が来るので、繋いで診療を受ける。

診療終了後、郵送で処方箋が自宅に届く。

診療費とシステム利用料は事前に登録していたクレジットカードから引き落とされる。

患者さんの流れとしてはこんな感じ。

結構簡単。

実際に予約してくるのは若い人ばかりかと思ったけど、60歳や70歳の方の登録も来ているから、年齢じゃなくで、アプリとかに慣れているか慣れていないかの違いかと思う。

結構年配の人もTwitterとかやっている人もいるから、そういう人には簡単に行えると思う。

オンライン診療でも医師や医事スタッフは出勤しないといけないので、スタッフの感染リスクをは減らせないので残念。

タイトルとURLをコピーしました