東京モーターショー2019年

東京モーターショー2019に土曜日の一般公開の日に行ってきました。

会場は東京ビックサイトにおける展示だけでなく、お台場のパレットタウンや青海展示会場にまたがっての大規模な展示となっています。

2つの会場の間はシャトルバスで行き来ができます。

その間のTFTビル駐車場で試乗会やシンボルプロナード公園で痛車や珍しい塗装の車の展示といったものを展示しているので、一回は徒歩で移動した方が楽しめます。

マイカーを持つ人が少なくなっていると言われていますが、かなりの人の量で、会場内の移動も大変でした。

みんな車が好きなんだね…!

事前にチケットをネットで購入してから行きましたが、新橋でゆりかもめの往復チケットとセットで安く販売していたので、焦って早めに買う必要はありませんでした。

ネットで事前に買った人へのサービスがあってもいいような…

コンセプトカーの段階では運転席の無い車なども展示されており、未来を感じることができます。

ただ、コンセプトカーの時点では尖ったデザインでも製品化の際にはどのメーカーも似たようなデザインになってしまうのは残念です。

私は人並み程度に詳しいと思っていましたが、会場では車の全体を撮るのではなく、座席やエンジンなどを撮っている人も多く、レベルが違うと感じました。

中にはコンパニオンばかり撮影している人もいました。

美人ばかりなので写真に収めたいという気持ちは分かりますが、妻と一緒に行ったので一枚も収められず…

多分1人や友人と行っても声はかけられなかったと思いますが…

一番大きく、趣向が凝っていると感じたのはトヨタのブースです。

トヨタは関連会社もたくさん展示を行っているので、特にお金をかけている印象です。

トヨタ、レクサス、ダイハツ、日野、デンソーなどなど。

車業界でトヨタは強いなと感じました。

私はホンダの車に乗っているおり、ホンダが好きなのですが、デザインがいいものが出たらトヨタもいいかもと思いました。

余談ですが、献血カーが中に止まっていて、献血をした人にモーターショー限定のトミカを配布していました。

体力がなくなってふらふらの状態だったので、行いませんでしたが、元気な状態であればやっておきたかったです。

試乗会

新車の試乗だけでなく、小型の乗り物の試乗を、中央の橋を使って行っていたので、未来にはこう行った乗り物に乗って移動している人が溢れるのではと期待をしてしまいます。

できればあまり規制が入らないような安全設計をしてもらいたいです。

試乗会は事前予約になるため当日では乗れませんでした。

残念。

FUTURE DRONE ENTERTAINMENT

夜の6時半からはドローンを使ったショーが夢の大橋で開催されました。

元俳優の小橋賢児さんがディレクターを務めたショーになります。

小橋賢児さんは昔好きだった俳優さんなので、こう行ったところで活躍していることが知れて嬉しかったです。

特等席が見える整理券が14時と17時に配布がされたので、17時の配布に合わせて16時から並んで会場内で見ることができました。

500機のドローンを使ったショーは未来を感じさせる内容でした。

今年の夏に公開された、スパイダーマン:ファー・フロム・ホームの世界が近くまで来ていると感じました。(ボスがドローンを使った攻撃をしてきます。)

位置によっては形を成していない可能性があるので並んだ甲斐があったと思います。

現時点では形によってはスカスカな図形の場面がありましたが、今後もっと進化が期待できると思います。

まとめ

人混みが多くて移動が大変なイベントですが、各社が力を入れた展示をされているので、今後車がどう進化するのか楽しみになりました。

今は車の買い替えはまだ先かなと思っていましたが、買い替えを考えようと思います。

タイトルとURLをコピーしました